「油性塗料と水性塗料はどう違うの?」

「油性塗料と水性塗料、どっちを選べばいいの?」

 

塗料には油性塗料と水性塗料があるのは聞いたことがあるけれど、外壁塗装にはどちらの塗料が良いのか?

あなたは塗料選びで悩んではいませんか?

 

外壁塗装に使う塗料には、油性塗料と水性塗料の2種類があり、簡単にいうとその違いは塗料を薄める液体が水かシンナーかの違いです。

 

油性塗料、水性塗料それぞれに特徴やメリット、デメリットがあるので、2種類の塗料を比較して外壁塗装に使う塗料を選ぶ必要があります。

今回は、油性塗料、水性塗料のそれぞれの特徴やメリット、デメリットについて解説していきます。

 

塗料には油性塗料と水性塗料の2種類がある

塗料の種類はシンナーで薄める油性塗料と水で薄める水性塗料の2つにわけられます。

 

塗料は「樹脂」、「顔料」、「添加物」の3つの成分で構成されていて、

 

  • 樹脂は耐久性の役割
  • 顔料は色の役割
  • 添加物はツヤだしなどの役割

 

を持っています。

このような成分を持つ塗料はシンナーや水で薄めて使います。

 

 

塗料を外壁に塗ると、薄めたシンナーや水が乾燥し蒸発することで外壁に密着します。

薄める割合は塗料メーカーで細かく決められていますが、地域の気候やその日の気温、天気などにより現場で職人さんが微調整を行いながら塗装をしています。

 

では、油性塗料と水性塗料にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

まずは油性塗料の特徴からみていきましょう。

油性塗料のメリットとデメリット

油性塗料は希釈するシンナーの強さにより、強溶剤と弱溶剤に分類されます。

ひと昔前まではアクリルシンナー、エポキシシンナーなどの強溶剤で薄めた粘度の高い塗料を使うのが一般的でした。

 

ただ、強溶剤に含まれるVOCと呼ばれる揮発性有機化合物が環境や人体に影響を及ぼすということから、強溶剤で希釈する塗料は必要最低限でしか使用されなくなりました。

それに対して、弱溶剤の塗料用シンナーで希釈される塗料は、人体や環境への影響が少ないので現在は一般的に使われています。

 

油性塗料のメリットは、耐久性が高く、塗料の密着が強く、ツヤが維持できて、汚れも付きにくいということ。

低温でも乾燥するので外壁塗装の時期を選ばないというメリットがあります。

 

デメリットは塗料の価格が高く、臭いがきついということ。

保管に注意が必要で、弱溶剤でも環境や人体に影響を及ぼすというデメリットがあります。

水性塗料のメリットとデメリット

水性塗料は水で希釈するので、シンナーで希釈する油性塗料と違いVOCが大きく削減されます。

とはいえ、水性塗料にVOCが全く含まれていないかというとそうではありません。

 

塗料を安定させるために若干のVOCが含まれているので、臭いもしますし、換気も必要になります。

 

水性塗料のメリットは保管が容易、価格が安い、人体や環境への影響が少ないということ。

臭いが少ないということから塗る場所を選ばないという大きなメリットがあります。

 

逆にデメリットは耐候性が低く、耐摩耗性も弱く、ツヤが落ちやすいということ。

低温での施工が難しいので、気温や気候、季節によって使いづらい塗料になります。

油性塗料と水性塗料 どちらを使えばいいの?

塗料メーカーでは環境や人体への影響を抑えるという流れになっていて、水性塗料の開発に力を入れて取り組んでいます。

しかし、水性塗料の性能は油性塗料の性能に完全には追いついてはいないので、油性塗料でしか対応できない下地などもあり、油性塗料も併用して使っているのが現状です。

 

では、油性塗料と水性塗料のどちらを選べばいいのでしょうか?

これは、あなたが外壁塗装に求めるもので変わってくるので、ポイントをお伝えしておきます。

 

  • ツヤが落ちにい
  • 汚れが付きにくい
  • 長期間に渡って家の外壁を長持ちさせたい

 

など、仕上がりや塗装の効果の持続性を求めているなら油性塗料を選ぶようにしてください。

 

反対に、

 

  • お家に赤ちゃんがいる
  • 妊婦さんがいるなど
  • 溶剤の臭いや人体への影響が気になる
  • 環境や近隣への影響を考えてしまう

 

など、環境や人体への影響が気になるという場合は水性塗料を選ぶのがいいと思います。

 

油性塗料、水性塗料のどちらを選ぶか悩んだときは、外壁の劣化状態や日当たり、予算などを加味して、業者に相談しながら適切な塗料を選ぶようにしましょう。

 

関連記事

まとめ

今回は油性塗料、水性塗料のそれぞれの特徴やメリット、デメリットについて解説してきました。

 

内容をまとめると、

 

  • 油性塗料は人体や環境に影響があるので使用は必要最低限にする
  • 外壁を長持ちさせたい場合は、耐久性、耐候性に優れた油性塗料を選ぶ
  • 人体や環境への影響、費用を安く抑えたいときは水性塗料を選ぶ

 

の3点になります。

 

水性塗料の研究や開発が進んでいるので、今後は水性塗料がメインになっていくと予想されます。

ただ、油性塗料のメリットもまだまだ大きいです。

 

今回の内容を塗料を選ぶときの参考にしてみてください。