戸建て住宅の外壁塗装の塗り方には大きくわけて手塗りと吹付け塗装の2種類があります。

使う道具は、手塗りにはハケ(刷毛)やローラー、吹付け塗装にはスプレーガンという機械の3種類の道具が使われます。

 

手塗り、吹付け塗装にはそれぞれ特徴があり、現場の状況により塗り方が選ばれます。

 

ただ、戸建て住宅の外壁塗装に吹付け塗装を選んだ場合は特に注意が必要で、吹付け塗装対策をキチンとしておかないと、思わぬ近隣トラブルに巻き込まれることになります。

 

今回は、外壁塗装で行なわれる手塗りと吹付け塗装について、それぞれの特徴、使う道具、メリット、デメリットや問題点について解説していきます。

 

塗り方には手塗りと吹付け塗装がある

外壁塗装の塗り方には手で塗る手塗りと機械を使った吹付け塗装の2種類があります。

手塗りにはローラーとハケの2種類の道具を使い、吹付け塗装にはスプレーガンという機械が使われます。

 

戸建て住宅の外壁塗装にはローラーとハケが使われるのが一般的で、吹付け塗装による塗り方はあまり使われません。

手塗りで使う道具と塗り方

手塗りで使う道具はハケとローラーの2種類です。

基本的にハケはローラーでは塗れない細かい場所などで使われていて、付帯部の木製部分や雨樋などを塗るときによく使われます。

 

ローラーは外壁塗装のメインになる道具で、外壁の下塗り、中塗り、上塗りと3回塗られる外壁の全ての作業で使われます。

 

 

手塗りは細かいところまでキレイに塗れるということと、機械の音が出ないというメリットはありますが、吹付け塗装に比べて作業時間が長くなるというデメリットがあります。

ここからは、それぞれの道具の特徴や塗り方などについて1つづつみていきましょう。

ハケ(刷毛)

あなたも一度くらいは目にしたことがあると思うのですが、ハケは付帯部の木製部分や雨樋などの細かいところ、ローラーでの塗り残した部分を塗るのに適した道具です。

 

ハケの横幅サイズによりさまざまな種類はありますが、ハケの素材はおおむね馬や豚、羊などの毛やナイロン繊維でできています。

ハケを使った塗り方は職人による技量の差が出やすい道具で、使い慣れていないと、塗膜が厚いところや薄いところが出てしまいます。

 

ハケ塗りで塗りムラが出ないように均等に塗っていくには熟練の技術が必要になります。

ローラー

外壁塗装のメインで使われる道具がローラーになります。

ローラーは柄の先についた横幅30cmくらいのローラーに塗料をなじませて、転がしながら塗っていきます。

 

ローラーには羊の毛や化学繊維の素材が使われていて、ローラーの毛の長さにより3種類に分けられます。

ローラーの毛の長さは、5mm程度の短毛、13mm程度の中毛、20mm以上の長毛に分けられ、塗る面の凹凸が荒いところは長毛タイプが使われ、凹凸が少ない平坦な面では短毛のローラーが使って塗っていきます。

 

 

また、ローラーには少し硬めのスポンジ状の砂骨ローラーと呼ばれるローラーもあります。

砂骨ローラーは塗膜を厚くしたいときや、粘性が高い場合に用いることがあり、外壁塗装の下塗りなどでよく使われます。

 

ローラーは職人さんの技量による差が出にくく、職人さんになりたての人がしても、他の職人さんと同じように比較的キレイに塗ることができます。

しかし、ローラーとローラーが重なった部分は塗料の量が多くなるので、塗膜の厚みに段差ができてしまい、仕上がりのツヤに違いが出てしまうこともあります。

吹付け塗装で使う道具と塗り方

吹付け塗装で使う道具はスプレーガンで、車や飛行機、船舶などの塗装にも使われています。

吹付け塗装には塗料を空気の力で噴出させるエアー方式と圧力の力で噴出させるエアーレス方式があります。

 

吹付け塗装で使うスプレーガンは指の力加減で噴出される塗料の量が変わったり、塗布する面とスプレーガンの距離を一定に保たないと塗膜の厚みにバラつきがでるので熟練の技術が必要になってきます。

 

吹付け塗装は、塗料を広く塗布できること、作業時間が短くなるというメリットがありますが、作業を行うときに機械の音がでること、微細な塗料が周辺に飛散する恐れがあるというデメリットがあります。

 

微細な塗料が周辺に飛散するデメリットには特に注意が必要で、足場に飛散防止ネットを取り付け、風が強い日は作業を中止するなどの必要があります。

 

近隣にあいさつをして、洗濯物や駐めてある自動車などに飛散する恐れがあることを事前に告知しておくことも重要です。

 

一般的には戸建て住宅の外壁塗装で吹付け塗装を選択することは無いと思いますが、万が一、吹付け塗装を業者が行うというときには、近隣対策を含めて事前に打合せをしておくようにしましょう。

まとめ

今回は外壁塗装で使われる手塗りと吹付け塗装について、それぞれの特徴、使う道具、メリット、デメリットや問題点について解説してきました。

 

戸建て住宅の外壁塗装はハケとローラーを使った手塗りが基本ですが、吹付け塗装が得意な業者も中にはいます。

吹付け塗装をすすめてきたら、今回解説したことを参考にして、業者としっかり打合せをするようにしましょう。