「外壁塗装って本当にやらないといけないの?」

「外壁塗装をやらないとどうなるの?」

「外壁を塗り替える意味は何?本当に必要なの?」

 

あなたは外壁塗装に関してこんな疑問を持っていませんか?

外壁塗装には外壁の美観を保つことと、水の腐食から外壁を保護するという2つの重要な目的があります。

 

なので外壁塗装をやらずに放置しておくと、

 

  • 壁が汚れて色あせる。
  • 塗膜の劣化により壁がひび割れたり剥(は)がれたりする。
  • 鉄の部分にサビが発生する。

 

という視覚的な問題だけでなく、

 

  • 亀裂の入った壁から雨が染み込む。
  • 雨の侵入によって家の柱などが腐る。
  • 屋根から雨漏りがするようになる。

 

という事態に繋がります。

 

外壁、屋根に塗られている塗料の効力は永久に保たれるものではなく、長年の雨風や太陽光でその効力は徐々に弱くなっていくもの。

なので、あなたが自宅に住み続けるのであれば、外壁塗装は必ずやる必要があります!

 

外壁塗装をせずに放置していたために、壁のヒビから雨水が浸入して柱などが腐り、高額な費用が必要になったというのもよく聞く話です。

 

今回は外壁塗装の目的、意味と外壁塗装をしないことで起こるデメリットについて解説していきます。

読み終えるころには外壁塗装をする必要性が分かるのでしっかりと読み進めてください。

 

外壁塗装のおすすめサイト

 

外壁塗装をする目的や意味は何?やらないとどうなるの?

最初にもお伝えしたように、外壁塗装の目的は外壁の美観を保つことと外壁の保護の2つです。

「別に壁くらい汚れててもいいよ・・。」という人もいますが、本当に重要なのは『外壁の保護』の部分。

 

外壁塗装をしないと、壁から雨水が浸入して柱や壁が腐ってしまいます。

そして、そのまま放っておくと家の倒壊につながる訳です。

 

田舎で人が住まなくなった家の屋根や壁が崩れているところを見たことあはありませんか?

極端に言えば、あんな感じで家がボロボロになってしまいます。

 

 

節約しようと思って塗装を先延ばしにしていると、修繕費などがかかって余分な出費が発生する可能性が高いです。

なので、『美観』と『外壁の保護』の役割をもう少し詳しく見ておきましょう。

 

外壁の美観を保つ役割

建物を守る外壁は常に酸性雨や紫外線にさらされているため、徐々に塗装のツヤが無くなり色もあせていき、見た目が陰気な感じになってしまいます。

さらに、外壁についたホコリ、湿気によるカビや苔などでも、家は汚く見えてしまいます。

 

 

これでは、近隣への印象も悪くなってしまいますよね?

そのため外壁の汚れを落とし、きれいに塗り替える事が必要になります。

 

家の倒壊を防ぐ役割

これはちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、現実に起こりえることなので目をそらさないでください。

外壁の塗装は長年の湿気と乾燥を繰り返すことでふくれ、ひび割れ、剥がれといった不具合が起こってしまいます。

 

ひび割れ、剥がれなどによって塗装が弱くなった不具合部分、コーキングの亀裂部分などからも雨水は浸透していきます。

 

 

家を構成する主要な部分には木、鉄が使われていて、湿気がなくても劣化はしていくものですが、雨水の浸透によりさらにスピードが上がり、劣化は進んでしまいます。

柱や壁、基礎といった建物を支える部分の劣化が進むと、地震、台風、長雨などの影響で家が崩れてしまう恐れもあるのです。

 

世界の中でも日本は降水日数(雨・雪)57%で3位にランクインしているほど湿気の高い国。

国内では全国平均120日に対して1位の秋田県は177日、新潟県は170日、福井県は169日と一年の約半分は1mm以上の降水量が観測されています。

 

このようなデータからも日本の家と湿気は切っても切れない関係だということがわかります。

 

外壁塗装をやらずに放置しておくと、家の美観が悪くなるだけでなく、湿気による劣化が原因で雨漏り工事、屋根の葺き替え工事、白アリ駆除、基礎補修工事など、思わぬ出費にもつながってしまいます。

 

外壁塗装をするべきか迷っている人へのアドバイス!

外壁塗装に使われる塗料にはグレードやランクがあり、それぞれ耐用年数が違うので劣化するするスピードに差はあります。

ただ、遅かれ早かれ必ず劣化はしていくものなので、外壁塗装をしなくていいということはありません。

 

中には「メンテナンスフリー塗料」という言葉であなたを口説こうとする業者があるかもしれませんが、そもそもメンテナンスフリーという塗料は存在しないので気を付けてください。

定期的に外壁塗装をすることで、建物の美観は保たれ、雨水の浸透による外壁の腐食を軽減して、結果的には家を長持ちさせることができます。

 

外壁の面積や塗る塗料のグレードにもよりますが、外壁塗装にかかる費用は100万円を超えることがザラにあります。

なので、雨漏りや外壁の損壊など目に見える不具合がないと、外壁塗装はまだやらなくても大丈夫だと考えてしまいがちです。

 

しかし、外壁は目に見えてなくても劣化はしています。

適切な時期に外壁塗装をすることで、あとあと塗装と別な修繕工事に余計な費用をかけなくて済み、結果的にメンテナンスにかけるトータル費用を節約することができます。

 

一般的には10年~15年に1度の塗り替えが目安とされているので、不安な時は塗装業者さんに相談してみましょう。

とはいえ、

 

「気軽に相談できる塗装業者の知り合いがいない・・・。」

「信頼できる塗装業者はどうやって探せばいいの?」

「業者の選び方が分からない・・・。」

「いきなり地元の塗装業者に相談するのはハードルが高い・・。」

「悪徳業者にだまされないか不安・・。」

 

という心配がありますよね?

 

そんな時は、外壁塗装の優良業者さんを紹介してくれる『ヌリカエ』というサービスがおすすめです。

ヌリカエは相場が調べられるだけでなく、専門のアドバイザーさんに外壁塗装の悩みや疑問を相談することができます。

 

しかも、状況をヒアリングした後に最適な塗装業者を最大で4社も紹介してもらえるので、複数の業者の見積もりを簡単に取ることができます。

相見積もりを取ることは外壁塗装で失敗しないためにも1番重要なポイント。

 

なので、まずはこういったサービスを利用して『相談』→『業者の紹介』→『現地調査』→『見積もり』→『契約』と進んでいくのがベストです。

 

利用方法は簡単で問い合わせフォームに必要事項を入力するだけ。

30秒あれば入力は終わるので試してみてください。

 

 

まとめ

今回は外壁塗装の目的、意味と外壁塗装をしないことで起こるデメリットについて説明してきました。

 

外壁塗装の目的や意味、外壁塗装をやらないことで起こるデメリットを知ることで、事前に外壁塗装にかかる費用を計画的に準備することも大切だと気づけます。

覚えておいてほしい大切なポイントをまとめると、

 

外壁塗装をする目的

  • 外壁の美観を保つ
  • 外壁を水の腐食から保護する

 

外壁塗装をしないデメリット

  • 家全体の美観が損なわれ、陰気な印象を持たれてしまう
  • 雨漏り修繕工事、屋根葺き替え工事、白アリ駆除工事等の思わぬ出費につながる

 

という4つの点です。

 

今回、お伝えしました外壁塗装の目的、意味を理解していただき、外壁塗装を検討するときの参考にしてください。