「外壁塗装の工事中は職人さんに自宅のトイレを貸してあげないといけないの?」

「職人さんにお茶を出したほうがいいのかな・・?」

 

外壁塗装の工事が始まる前には、こんな疑問がでてきますよね?

「トイレを貸してあげないといけないのなら、家の掃除をしておかなきゃ・・。」と思うかもしれません。

 

ただ、結論からお伝えすると、基本的に工事中に職人さんが自宅のトイレを使用することはありません。

また、お茶を出しもしなくて大丈夫です。

 

今回はトイレやお茶出しを含めて、外壁塗装の工事前、工事中に気になる疑問をQ&A形式でお伝えしていきます。

職人さんに対して必要以上に気を使わなくてもいいように、分りやすく解説するので参考にしてください。

 

外壁塗装工事中のお茶出しは必要?

ひと昔前は、縁側に職人さんが座って出されたお茶を飲んでいるというイメージがありました。

ただ、今は自動販売機やコンビニがたくさんあるので、職人さんも必要な飲み物はそちらで確保しています。

 

なので、依頼主が休憩時間にお茶を出したりしなくても大丈夫です。

 

また、大手ハウスメーカーの下請け業者などは、ハウスメーカーとの契約でお客様からトイレや飲食物の提供を禁止されていることもあります。

工事期間中にお茶などを出していただけるのは、職人さんにとってはとてもありがたいのですが、このようなこともあるので、職人さんたちはかえって恐縮してしまいます。

 

それでも「やっぱりお茶ぐらいは出してあげたい・・・」という場合は、クーラーボックスかポットでのお茶出しがおすすめ。

クーラーボックスにペットボトルのお茶や缶コーヒーなどを氷で冷やしておき、自由に飲んでもらえるようにしておくと、職人さんも気を使わずに飲んでもらえます。

 

また、クーラーボックスに残った飲み物からは職人さんの好みも分かるので、次回から入れる飲み物の参考にもなります。

 

逆に寒い冬場はポットにお湯を用意して、ステックのコーヒーやホットレモン、お茶などのティーパックを一緒に置いて飲んでもらうようにするとベストです。

 

容器は職人さんの手が汚れていることもあるので、高価は容器ではなく、手が汚れていても気にならない紙カップを用意すると気兼ねなく飲んでもらえます。

 

関連記事

 

職人さんには自宅のトイレを貸してあげことになるの?

人様のお宅のトイレを借りるとなると防犯上の問題もでてくるので、外壁塗装工事の期間中にトイレを借りることは基本的にはありません。

トイレに行きたくなった場合は、近くの公園やコンビニを利用します。

 

職人さんたちは色々な経験をしてきているので、

 

  • あそこのコンビニでトイレが借りられる
  • あそこの公園にトイレがある

 

など、その地域のこともよく知っています。

なので、「職人さんと家の中でばったり会うのは気まずいな・・・。」という心配はしなくても大丈夫です。

 

ただ、職人さんも人間なので、まれに急な腹痛に襲われることがあります。

そのような時はトイレを貸していただけると職人さんも助かります。

 

その他の外壁塗装の疑問 Q&A

ここからは外壁塗装をするにあたって、『ちょっと気になる』ということをQ&A形式でみていきましょう。

 

家の裏側に物置があるけど移動しないといけないの?

建物の周囲に足場を組み立てるのに約1mは必要なので、物置がある場合は物置を移動して物置で隠れている外壁も塗装します。

 

事前に出せる範囲の物はを出しておいて、出せない物は当日、業者の人と一緒に出すようにしてください。

物置など大きな物がある場合は、業者と契約をするときに打合せをすることをおすすめします。

 

洗濯物は干せるの?

基本的には室内干しをおすすめします。

屋外に干すと塗料や高圧洗浄で洗い流した泥水などが洗濯物に付着する恐れがあります。

 

 

また、屋外に洗濯物があると、職人さんたちは洗濯物が気になり集中力が落ちたり、作業効率も悪くなってしまい外壁塗装の品質(仕上がり)にも影響が出てしまいます。

 

可能であれば浴室乾燥機や近くのコインランドリーの乾燥機を利用するのがいいと思います。

 

外出したいけど家にいないとダメ?

外壁塗装は屋外で作業しますので出かけていただいても大丈夫です。

 

ただ、外壁塗装工事中は足場を組み、飛散防止ネットで足場を覆ってしまいます。

周辺からの視界を遮ってしまうので空き巣には注意する必要があります。

 

庭に大切な盆栽があるけど大丈夫?

移動できるものはできるだけ外壁から離れた場所に移動していただくと助かります。

移動ができないものについては、ビニール製の養生材を被せて養生します。

 

駐車場に車を停めていてもいいの?

外壁塗装をするときは車専用の養生シートをかけるので、車を停めていただいても大丈夫です。

ただ、新車であったり、車に愛着がある人は、工事期間中だけ別で駐車場を借りていただくと安心です。

 

外壁塗装に使う塗料に害はないの?

昔は油性塗料が主流で、油性塗料は臭いがきつく、その臭いを吸い続けると健康被害を起こす恐れがありました。

 

ただ、近年では環境への配慮から、メーカーは自然や体にやさしい塗料を発売していて、塗装業者も体や自然にやさしい塗料を使用しています。

 

基本的に心配はいりませんが、赤ちゃんや妊婦さんがいらっしゃるお宅は特に気になると思います。

なので、業者と契約するときには使う塗料のことについてもしっかり聞いておきましょう。

 

関連記事

 

お隣の洗濯物は大丈夫ですか?

外壁塗装をするときはローラー、ハケを使った手塗りが主流で、万が一に備えて足場にも飛散防止ネットで養生もするので、塗料が周囲に飛び散るという心配はほとんどありません。

 

 

ただ、機械を使った吹き付けという方法で塗装した場合は、細かな塗料の粒子が風に舞い、近隣にご迷惑をかける恐れがあるので注意が必要です。

 

工事前に業者の人が近隣にあいさつ回りをしてくれるときに、このあたりについても告知してくれるように依頼しておくことをおすすめします。

 

家の周りに置いてある植木鉢やプランターは移動したほうがいい?

足場を組み立てる範囲に置いてある植木鉢、プランターは移動します。

簡単に移動できるものは事前に移動していただけると助かります。

 

 

移動が難しいもの、大きなものは契約をするときに相談することをおすすめします。

 

外壁塗装の作業中に大きな音はする?

足場を設置する日と解体する日に足場材をハンマーでたたく金属音とインパクトという機械でネジを締めたり緩めたりする音がします。

 

また、外壁や屋根を高圧洗浄する日も高圧洗浄機のエンジンの音がします。

これらの音が原因で近隣トラブルに発展してしまうこともあるので、工事前に近所への挨拶回りをしておくことをおすすめします。

 

関連記事

 

職人さんは休憩中はタバコを吸いますか?

休憩中にはタバコは吸います。

 

ただし、決められた場所に灰皿を置いて喫煙する。

もしくは自分たちの車の中で喫煙するようにしています。

 

まとめ

今回は

 

  • 外壁塗装工事中のトイレとお茶出しは必要なのか?
  • その他の外壁塗装のちょっとした疑問

 

について解説してきました。

外壁塗装をする前の疑問などは、お宅の環境や近隣の状況によりさまざまです。

ただ、事前にこのような知識を持っているだけで外壁塗装に対する不安がかなり軽減できると思います。

 

今回お伝えしたことはあくまでも一例なので、他にも気になる事があれば、業者の人に相談してみてください。