「外壁塗装をするときは屋根も一緒にしたほうがいい?」

「お金がないから塗装は外壁だけにしても大丈夫?」

「外壁と屋根は別々に塗装してもらってもいいよね?」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

結論を先にお伝えすると、外壁塗装をするときは外壁だけではなく屋根も同時に塗装するのがベストです。

そうすれば足場の組み立て費用が1回分しかかからないので、トータルの費用を安く抑えることができます。

今回は外壁と屋根を同時に塗装するメリットとデメリットを詳しく解説していくので参考にしてください。

↓外壁塗装の相場確認が無料でできます↓

職人さん

屋根と外壁を別々に塗ってしまうと、2回足場を組まないといけません。

1回分の足場の組立費用が余分にかかってしまうので注意してください。

まずは外壁と屋根の塗装費用の相場(目安)を確認

外壁と屋根を一緒に塗装するメリット、デメリットをお伝えする前に、気になる費用の面から外壁塗装、屋根塗装をみてみましょう。

【サンプル例】※30坪2階建住宅を想定

外壁塗装のみ屋根塗装のみ外壁+屋根
足場代12万円12万円12万円
塗装費用49万円24万円73万円
諸経費10万円10万円12万円
トータル費用71万円46万円97万円

注:諸経費は洗浄・養生その他の費用。外壁と屋根を一緒にした場合の諸経費は廃棄物、ゴミ処理、雑費が増えるので+2万円にしています。

30坪2階建てのお宅で外壁塗装、屋根塗装、外壁と屋根を一緒に塗装した場合にかかる費用(相場)をそれぞれについて計算してみました。

この費用を頭に入れて読みすすめてください。

外壁塗装と屋根塗装を一緒にするメリット

冒頭にもお伝えしましたが、外壁塗装と屋根塗装を一緒にすると、足場にかかる費用分が安くなり、トータルの費用を安く抑えることができます。

さらに、外壁と屋根が同時にきれいになるので家の美観が向上します。

この2点が外壁と屋根を一緒に塗装する大きなメリットです。

では、2つのメリットをもう少し詳しくみていきましょう。

足場代分の料金が安くなる!

外壁塗装、屋根塗装どちらをするにも足場は必要です。

足場を組むことで、家の低いところから高いところまでスムーズに移動ができ、外壁、屋根の隅々まで塗装を行うことができます。

さらに、安全が確保された足場での作業は、職人さんが安心して作業が行え、塗装品質の向上にもつながります。

外壁塗装と屋根塗装を一緒にする場合、足場を組むのは1回ですが、外壁塗装と屋根塗装を別々にした場合は、その度に足場を組まなければなりません。

先程のサンプル例を使ってその費用の違いをみてみると、

  • 外壁塗装のみの費用(相場)⇒71万円
  • 屋根塗装のみの費用(相場)⇒46万円
  • 外壁と屋根塗装をしたときの費用(相場)⇒97万円

外壁と屋根を一緒に塗装した場合は97万円で済みますが、外壁塗装と屋根塗装を別々にした場合はトータルで117万円

単純計算にはなりますが、このように外壁塗装と屋根塗装を一緒にすることで20万円(足場代分くらい)の費用が安くなります。

外壁と屋根が同時にキレイになるので美観が向上

想像してほしいのですが、屋根だけ塗装したお家と屋根と外壁の両方を塗装したお家があるとします。

どちらがキレイに見えるでしょうか?

もちろん屋根と外壁の両方を塗装した家ですよね?

屋根だけを塗装した家はキレイな屋根が外壁の汚さを際立ててしまい、家全体を見たときに汚く感じ印象もよくありません。

外壁と屋根を一緒に塗装すると家全体がが新築のようにキレイになるので、ご近所さんからの印象は良くなり、塗装をしたことで防水性も上がるので安心して住み続けることができます。

外壁塗装と屋根塗装を一緒にする大きなメリットはこの2点。

これ以外にも

  • 次回の塗り替え時期が同じになる
  • 塗装工事が1回で済むのでご近所さん迷惑がかからない

というメリットもあります。

外壁塗装と屋根塗装を一緒にするデメリット

外壁塗装と屋根塗装を一緒にするデメリットは、外壁のみ、屋根のみに比べて費用が高くなることと、工事期間が外壁のみ、屋根のみに比べて4日ほど長くなることです。

この2点が一緒にするデメリットになります。

費用が高くなる

サンプル例を参考にすると、

  • 外壁塗装のみの費用(相場)⇒71万円
  • 屋根塗装のみの費用(相場)⇒46万円
  • 外壁と屋根塗装をしたときの費用(相場)⇒97万円

外壁と屋根を一緒に塗装した費用 97万円 > 外壁のみの費用71万円

外壁と屋根を一緒に塗装した費用 97万円 > 屋根のみの費用46万円

になります。

このように外壁のみの費用、屋根のみの費用と外壁と屋根を一緒にしたときの費用を単純に比較してしまうと、一緒にしたほうが高くなってしまいます。

しかし、トータルで考えると一緒にした方が20万円お得になります。

一緒にした方が費用は高くはなってしまいデメリットに感じるかもしれませんが、塗装メンテナンスにかかる費用をトータルでみると安くなるということを覚えておいてください。

工事期間が長くなる

外壁工事と屋根塗装を一緒にした場合、工事期間は約14日間になります。

それに比べて外壁塗装のみ、屋根塗装のみの場合の工事期間は約10日間になり、一緒にした方が工事期間は約4日長くなってしまいます。

しかし、外壁と屋根を一緒に塗装した場合は工事が1回で済みますが、外壁と屋根を別々に塗装すると工事が2回になり、その分ご近所さんに迷惑をかける日数が増えてしまいます。

工事期間が4日ほど長くはなってしまいますが、別々に工事をするより一緒にしたほうが工事が1回で済むので、ご近所さんにとっても良いのではないでしょうか。

↓外壁塗装の相場確認が無料でできます↓

別々に塗装する場合は屋根塗装を優先するのがベスト

『外壁と屋根の塗装は同時に行った方が良い』というお話をしてきましたが、経済的な理由から外壁と屋根の塗装を別々にしなければいけない時もあるかと思います。

そんな時は、雨風や太陽光線を直接受け続けている屋根の塗装を優先するようにしてください。

屋根は建物の中で一番高い位置にあり、一年を通じて酸性雨などの雨風や紫外線などの太陽光線から家を守ってくれています。

外壁も同様に雨風や太陽光線を受けてはいるのですが、屋根や軒先などの部分により受けるダメージは軽減されています。

屋根と外壁の塗装膜の劣化スピードには違いがあり、屋根は外壁に比べて1.2~1.3倍の速さで劣化すると言われているので、外壁の状態にもよりますが優先すべきは屋根の塗装です。

外壁だけ塗装をして屋根をそのまま放置しておくと、塗料の劣化により防水性が切れてしまいます。

その結果、屋根材が傷み屋根の葺き替え工事や腐食による屋根下地のやりかえ工事が必要になります。

↓外壁塗装の相場確認が無料でできます↓

まとめ

今回は

  • 外壁塗装をする時は屋根の同時に塗装した方が良いのか?
  • 外壁と屋根を一緒に塗装するメリットとデメリット

について解説してきました。

内容をまとめると、

  • 外壁塗装をするときは外壁と屋根を同時に塗装するのがベスト
  • 外壁と屋根を同時にすると塗装にかかる費用をトータルで節約できる
  • 外壁と屋根を同時に塗装すると家の外観が一気にきれいになる
  • 経済的な理由があるときは屋根の塗装を優先する

という4点になります。

今回の内容を外壁塗装をするときの参考にしてみてください。

【関連記事】
外壁塗装はどこに頼めばいいの?失敗しない優良業者の選び方を解説!