急に乾燥を感じるようになった

私は昔から肌に関する悩みがあまりなく、みんなからも綺麗だねといわれるような肌でした。

 

乾燥に気づいたのは高校生になってからです。

 

春夏はなにも感じなかったのですが、秋になって部活動が外で行われるものだったせいか、肌のツッパリ感と唇が沢山割れてしまうという出来事で気づきました。

 

その時は部活動終わりにボディクリームのようなものを塗ったり、リップクリームを沢山ぬってなんとか誤魔化していたのですが、社会人になってその時のケアが甘かったせいか秋に入ろうとすると肌が突っ張って化粧水を入れても乳液をいれてもはいっていかなくなってしまいました。

 

とりあえず唇はリップクリームをぬってなんとかして肌に関しては秋冬も潤う肌にしたいと思いました。

SK-Uで相談してみました

乾燥肌を直すといっても正直何をどう使ったらいいかわからなかったので、SK-IIで行われていた肌年齢チェックというものをしてみることにしました。

 

そこで全体のバランスを見てくれて乾燥対策についての方法を教わりました。

 

SK-IIの肌年齢チェックに関しては前に店頭でやっているのを見たことがあって、なおかつ名前が広く知れ渡っているSK-IIさんの化粧品ならきっと治るんじゃないかと思ったからです。

 

そのままSK-IIで進められた化粧水と乳液とクリームを今使用しています。

 

ただ使って行くだけではなく、一つ一つ染み込ませるように肌にぬり、特に乾燥している鼻の下やあごなどの部分にはコットンにしみこませたものをしばらくあててつかっています。

ただ塗ればいいってものじゃない

SK-IIをつかってから1年近くがたちました。

 

今は全くといっては嘘になりますが、乾燥肌は秋冬がきてもほぼ感じられないところまできて、そして化粧水や乳液がちゃんと肌に染み込んで行くのが感じられるほどまでに治りました。

 

本当はもっと早くから直せばよかったのですが、まだ遅くはなくて、気づいてすぐに実行していてよかったとおもいます。

 

今までのケアで1番ダメだったところは、化粧水や乳液をただつけて寝てればいいやという考えとやり方だったのですが、きちんと染み込ませるという一手間の大切さと安いものや適当に選んだものではなく、ちゃんとその肌の特徴と自分に合ったものを使用するということだと思いました。

 

肌は変わって行くのでその都度あう、化粧水と乳液を使っていこうと思っています。